新着情報

  • TOP /
  • 新着情報一覧 /
  • 「ロジスティクス4.0」への取り組みを加速 狭山日高フルフィルメントセンターにて、自動仕分けシステム「オムニソーター」を導入

2021.10.01

「ロジスティクス4.0」への取り組みを加速 狭山日高フルフィルメントセンターにて、自動仕分けシステム「オムニソーター」を導入

 日本トータルテレマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:森 真吾、以下「当社」)は、狭山日高フルフィルメントセンター(埼玉県日高市)に三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:垣内 威彦)の倉庫ロボットサービスRobowareが提供する自動仕分けシステム「オムニソーター」を導入し、10月1日より稼働いたします。これにより物流作業の標準化・省人化を実現し、安定的かつローコストな物流オペレーション体制の構築を実現いたします。

ロジスティクス4.0の取り組み

 EC市場の成長に伴い、物流施設の空室率低下、労働力不足による「賃料/配送費/人件費の高騰」が継続される中、当社はロジスティクス4.0の取り組みとして自動採寸計量機・自動梱包システム・自動配送仕分けシステムに続き、自動仕分けシステム「オムニソーター」を導入し、デジタルラインを構築することによる作業品質の標準化・省人化を進め、更なるEC市場の進化に適合した物流のあり方を加速いたしました。

オムニソーターとは

 従来行われていた受注情報毎の個別ピッキングの商品・納品書・配送伝票の照合を人の目とハンディターミナル照合を個々に行っていた作業に比べて、デジタル情報を一元管理することにより3倍以上の仕分照合作業が可能となり、「高速自動仕分け」「立体型で省スペース」「ブロック化により導入・移設の簡略」も実現されます。

NTMデジタルプラットフォーム


 デジタル化された作業ラインにより、今後は以下が実現されます。
1.作業者の経験値・思考による作業ミスの防止
2.個人情報保護の品質をデジタル照合により担保する事による企業信用の向上
3.各クライアント作業スペースの圧縮により業務拡大顧客スペースの創出
4.作業人員の適切な削減によるローコストオペレーション
5.現場作業者専任制から作業シェアード制による単純作業への転換による作業標準化
6.デジタル化された作業ラインの稼働率をあげる事によって全体業務量のキャパシティの増加
7.媒体等による出荷個数の波動にも柔軟に対応

狭山日高フルフィルメントセンター概要

<所在地>
  埼玉県日高市下大谷沢85-1
<ロケーション>
  圏央道 狭山日高IC 約2.6㎞ 関越自動車道川越IC 約8.3㎞
  佐川急便・ヤマト運輸・日本郵便各拠点3㎞以内
<スペース>
  土地面積19,680㎡ (5,953.31坪) 倉庫面積6,931.54坪
  事務棟200坪 天井高6m 耐荷重1.5t 鉄骨造地上2階建て
 
 10月1日のコーポレートロゴマーク刷新により、テレマーケティング領域からフルフィルメントサービスやEC総合支援サービスなど様々な分野へ領域が拡大されていく中で、狭山日高フルフィルメントセンターは「DX型物流センター」へと転換して参ります。

【本件に関するお問い合わせ窓口】

日本トータルテレマーケティング株式会社
フルフィルメント事業本部 松本
TEL. 042-976-9090
EMAIL. info@stg.ntm.co.jp

CONTACT