新着情報

  • TOP /
  • 新着情報一覧 /
  • 在宅勤務・在宅コンタクトセンター業務での 情報セキュリティ対策を支援する リモートワークAIソリューションを導入

2021.09.27

在宅勤務・在宅コンタクトセンター業務での 情報セキュリティ対策を支援する リモートワークAIソリューションを導入

コンタクトセンター・フルフィルメントサービス受託の日本トータルテレマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 真吾、以下「当社」)は、シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子 英樹)が提供するリモートワークAIソリューション「Deep Percept for remote work」を導入します。

■「Deep Percept for remote work」の導入背景

当社は、コロナ禍における感染拡大に伴い、多様化する働き方に対する関心が高まりつつある中、コンタクトセンターと同レベルの情報セキュリティを実現した在宅コンタクトセンターの環境構築に取り組んでいました。
しかし、管理者が目視できない環境であるため、従業員以外の第三者による覗き込みやなりすまし、スマートフォンによる業務画面の撮影等の情報漏洩が起こり得る状況に対する直接的なマネジメント手法を実装できていないことに課題を感じていました。
このような状況の中、当社はAIを活用した独自のモーション分析技術により従業員のプライバシーを保護しながらも不正を検知し、安全なリモートワーク環境を実現できるDeep Percept for remote workを選定し導入しました。

■「Deep Percept for remote work」の特徴

「Deep Percept for remote work」は、在宅勤務・在宅コンタクトセンター業務での情報セキュリティ対策を支援するリモートワークAIソリューションです。主な特長は以下のとおりです。

1.AIエンジンを搭載した認証機能により、盗撮・なりすまし・覗き見を検知
・スマートフォンによるPC画面の盗撮、第三者による覗き見やなりすましを検知
・従業員本人がPC端末前から不在になった際に、画面制御可能な「離席検知機能」を搭載
・不正検知時の「WEBカメラの記録」に加えて、従業員の利用PC端末に表示されていた「PC画面のスクリーンショット画像」を含む不正データを記録
・シンプレクスグループのグループ企業であるDeep Percept株式会社のAIエンジンを採用

<利用イメージ>

2.細やかな設定変更により、円滑な業務運営を支援
・拠点利用時の検知対象を「盗撮検知」のみとするなど、目的用途に応じた不正検知設定が可能
・不正検知時に従業員の利用PC端末に対し、警告、フィルター発動、画面ロックなどの表示制御が設定可能
・管理者が不正チェックの証跡確認可能な従業員の範囲を設定可能
・クライアントアプリは自動でバージョンアップが可能

3.短期間での導入が可能
・マルチテナント方式でのサービス提供により、最短2週間での短期間導入が可能

■シンプレクス株式会社について

シンプレクス株式会社は、DXを支援するテクノロジーパートナーとして、幅広い業界の課題に対し、戦略から設計、開発、運用保守まで、一気通貫かつ自社完結でのトータルソリューションを提供しています。
2021年7月より、在宅勤務・在宅コンタクトセンターにおける情報漏えい防止に寄与するリモートワークAIソリューション「Deep Percept for remote work」の提供を開始するなど、AI活用によるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を支援しています。
URL https://www.simplex.inc/

■Deep Percept株式会社について

Deep Percept株式会社は、金融×IT(Fintech)領域で培った技術力をもとに、高水準なAIソリューションを提供しています。コンサルティングからAIアルゴリズムの設計、システム実装まで、一気通貫で支援しています。
URL https://www.deep-percept.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】

日本トータルテレマーケティング株式会社
デジタルイノベーション本部 谷(たに)
TEL. 03-6730-0003
EMAIL. info@stg.ntm.co.jp

CONTACT