導入実績

  • TOP /
  • 導入実績 /
  • 臨時福祉給付金および特例給付金事務局の運営

地方自治体

臨時福祉給付金および特例給付金事務局の運営

消費増税による低所得者支援のための福祉施策として実施された、臨時福祉給付金および特例給付金事務局の運営。

導入サービス

課題

案件開始までの短期間で人員不足かつ事務局立上げの経験・ノウハウの不足。

職員だけでまかなおうとしても問い合わせ対応や申請受理業務などの業務が急増し、人員不足で業務を処理しきれない。
事務局立上げの設置場所の確保や申請書の様式作成、また転入者、転出者など日々変化する対象者へ正確に給付するためには、申請受付処理や給付処理するためのシステムの構築や運用・保守、業務立上げの経験やノウハウ、専門的な知識などが不足しており、職員のみでの対応には限界であった。

実施内容

申請書作成から給付金振込までの全工程をワンストップで提供。

厚生労働省のコンタクトセンター業務・基礎自治体における給付事務局として、①申請書の様式作成 ②申請受付 ③審査 ④振込までの事務・情報管理や、市役所/区役所の窓口業務も担当。

(参考)助成金、給付金委託事業業務スキーム

成果

複雑かつ広範囲にわたる業務を一気通貫でサポート。職員が業務に集中できる環境を実現。

事務局の立上げから印刷業務にわたる各種業務や、申請書作成・FAQ作成などの業務もコンタクトセンターのノウハウがあるので、一気通貫で対応できるサポート体制を構築。また、効率的で即時性があり、負担のないサービスを実施することによって、職員の方々の業務負担を大幅に軽減した。

「ミスなく迅速」に対応!設備環境をスピード立上げかつ独自の審査システムによる品質向上。

一般的に1ヶ月かかる事務局の立上げも2週間で対応。また、独自の審査システムを構築したことで正確な給付を可能にし申請者に対する給付をスムーズに対応した。

お客様の声

NTMに委託したことで業務が軽減でき、かつ事務局立上げから印刷業務までが短期間で対応できました。

CONTACT